安い引っ越し業者のメリットとデメリット

安い引っ越し業者のメリットとデメリット

 

転居をする際に、選択する引っ越し業者が大事になってきます。
できれば安い引っ越し業者を選びたいと思っているはずですが、安い引っ越し業者にもメリットとデメリットがあります。

 

安い引っ越し業者は地域密着型の引っ越し業者であり、クロネコヤマトや日本通運などは全国規模で大手になります。
その点について紹介していきます。

 

まずは、メリットについてです。
地域型の引っ越し業者であれば、値段が安いところです。

 

大手の業者と違い、広告費などにお金をかけていないため、引っ越しの値段も大手の業者よりもかなり安い費用で引っ越しを行うことができます。
また、プランも柔軟に対応してくれやすいです。

 

少しプランを変更したかったり、オプションを付け加えたかったりする場合に、柔軟に対応してくれます。
一度利用すれば次の引っ越しの際も自分を覚えてくれているなど、利用しやすい点があります。

 

デメリットとしては、大手ほどの作業品質を重視していないので、効率が悪く感じてしまうこともあります。
安さを売りにしているので、自分の求めている迅速さなどは得られないかもしれません。

 

また、安い業者だとエリアも限られているので、引っ越しできるエリアが狭くされており、遠方での引っ越しだと利用できない時があります。
このようなメリットとデメリットがあります。