引っ越しトラブルと引っ越し業者

引っ越しトラブルと引っ越し業者

 

引っ越し時のトラブルは少なくはありません。
トラブル原因は一様ではなく様々なケースが報告されています。
トラブルの例としては金銭トラブル、引っ越し荷物の破損トラブル、時間トラブル、荷物紛失トラブルです。

 

金銭トラブルの多くは見積もりと実際金額に差があった場合で原因は見積もり担当者の見積もりミスと依頼者が引っ越し当日の荷物追加となりますが見積もりミスの殆どが業者の負担となります。

 

しかし、中には追加料金を懇願する業者もいますのでそこを如何判断するかです。
他に多いのが手付金、内金を請求する会社がいることです。

 

標準引越運送約款ではそれらを取ってはならないとされていますから断固拒否して下さい。と共にそのような業者に引っ越し依頼そのものを止める事です。

 

約款を無視する会社は信用できません。
破損トラブルは家具を傷つける事も少なく在りません。
運び出し前に双方チェックをする事です。
家具の破損の場合でも金額で揉める事もあります。

 

しかし最近、中小運送会社はともかく大手の業者は家具保護に細心の注意を払っていますので殆どこの手のトラブルは無くなったようです。

 

時間トラブルは指定された時間に業者が来ない、午前中の約束が午後に等ですがどちらかと言うと依頼者が泣き寝入りとなる例が多いようです。

 

荷物紛失、積み残しトラブルも良くある例です。
他に新居壁に引っ越し荷物によって傷をつけてしまった場合も少なくありません。
これも深刻な問題となる事もあります。

 

引っ越し業者の支払いのためにキャッシング

引っ越し業者の支払いのためにキャッシング

 

引っ越しのためのお金が必要になり、迷った末にキャッシングを考えました。
キャッシングについて何も分からなかった私は、CMでのインパクトがあり印象に残っていたアイフルの公式サイトを調べてみました。

 

審査が早く、返済方法も選ぶことができることに魅力を感じたので、ホームページ上の一秒審査を利用し、扶養内のパートで働いていた私でも借り入れられるか調べてみることにしました。

 

借りることができそうなことが分かり、家から少し離れた店舗で申し込むことに決めました。
早めの借り入れを希望していたので、その日のうちにカードを発行してもらえたことがとても助かりました。

 

そして当日には、お金を借りることができ良かったです。
何通りかある返済方法の中で、私はATMでの返済を選びました。

 

カードのデザインもアイフルのモノとは分かりにくいので、周りを気にすることなくATMでの返済が出来ます。
利子が少し高いように感じましたが、緊急でお金が必要になった時に借り入れまでが早いアイフルを利用するととても便利だと思います。

 

翌月には夫のボーナスが入ったので、30日間利息サービスを利用し利子をかけずに返済することが出来ました。
ちなみにアイフルでは千円からの借り入れができるので、その後も利用しやすかったです。

 

引っ越し業者を使った時に感じたこと

引っ越し業者を使った時に感じたこと

 

どんなに距離が短くても冷蔵庫や食器棚や洗濯機があると自分達だけで
引っ越しをするのは難しいです。ですから、私も引っ越しの際に引っ越し業者を使って引っ越しをしました。

 

その時に私がどこからどこへ引っ越しをしたのかというと、同じ鳥取県鳥取市内間の引っ越しの際に引っ越し業者を使って引っ越し業者を使いました。

 

その時に私が使った引っ越し業者というのはサカイ引越センターでした。
それで実際にサカイ引越センターを使って引っ越しをして良かったのかどうかという話ですが、結論から言えば良かったとは言えないという感じです。

 

なぜなら、私は少しでも引っ越し費用を安くしようと思ったので
引っ越し業者の無料一括見積もりを使ったのですが、このサカイ引越センターという引っ越し業者が訪問見積もりで一番乗りして先に見積もりを取った際に

 

提示した金額が最初は最初は6万円くらいだった引っ越し料金を一括見積もりをしている事を知ると2万円も見積もり金額を下げてきて、もう自分以外の業者の見積りを取らなければこの金額で引っ越しを請け負うと言った事で最初はこれを受けた方が手間もないと思って受けてしまいました。

 

ですが、よく考えれば他の業者の訪問も見積もりも取った上で決めた方が
安くなる可能性があったと思った点でいきなりサカイ引越センターに決めてしまったのは良くなかったと思いました。

 

引っ越し自体は仕事も丁寧でおまけにお米ももらえたのでその点は良かったです。

 

5階建て階段無し物件に引っ越し

5階建て階段無し物件に引っ越し

 

たまたま安かった賃料を目当てに物件を見に行ったら階段がなかった(笑)。
でも賃料50000円で3DKと安いため結局決めてしまいました。

 

何せ荷物が多いので狭い部屋はダメだったんです。
でもでも住めば都だよ〜と気楽な気持ちだったんですが、引っ越しがこんなに大変だったとは(苦笑)。

 

お金が無いので友人と一緒にまずは家具から行きました・・・が、テーブルを体に巻きつけ駆け上がること10分初めから体力のほとんどを使った気がした。
諦めずに机や棚を搬入するが二人がかりで3時間の作業になりまして、これがなんとも体育会系でも笑えない状況になりました。

 

いやしかし、半日で家具が終了し、これは行ける!!と最後の気力を振り絞ってダンボールの搬入をしました。
合わせて丸一日掛け2人分の引越が完了。
オレ、体育会系でホント良かった。
体力のほとんどは使い切ったが、銭は一切つかっとらんぜよ。

 

終わってから友人と一緒に晩餐会となりましたが、流石にこれだけきつい経験はサークルでもなかったと盛り上がりました。
合計往復30回の運び込みにめげなかった友人に本当に感謝感謝。

 

この時のビールの味は今でも忘れられません。
人生経験として団地に引っ越しを強くおすすめします。

 

安い引っ越し業者を比較して検討する

安い引っ越し業者を比較して検討する

 

引っ越しを予定しているときには、その予定日に友人たちの都合を聞いて自前で作業をしてしまう方法もあります。そして、どうしてもマイカーに積載できない冷蔵庫や、背の高いタンスなどを運ぶためにトラックを用意する必要があります。

 

このトラックのレンタル料金や、作業をする人数の確保、そして作業の質などを全て考慮していくと、自前の作業よりも引っ越し業者に依頼した方が安全に引越を終えるためのメリットが多い事が分かります。

 

引っ越し業者に見積もりを依頼すると、担当者が来て積載するトラックのサイズや、現場に入る担当者の人数などを決めていきます。家具の量を確認してトラックのサイズを決めますが、この時に交渉をして出来るだけ小さいトラックにしてもらう事も可能です。

 

サイズが小さくすることで、その分だけ引っ越し費用が安くなります。当然のように積載できる量が減少するので、積み込みができない物が出てくるかもしれません。そのあたりを自前で移動するように対策を考慮していけば良いのです。

 

又は、ライバルの引っ越し業者にも見積もりを出してもらい、全く同じ条件で比較していけば、どちらに依頼した方がお得になるのかすぐに分かるはずです。このようにして少しでも安い引っ越しをするために試行錯誤する事が大事です。

 

参考:https://www.moving-vendor.com/

 

安い引っ越し業者と粗大ごみ回収

 

私の場合は家賃の関係で、マンションの更新前にどうしても引っ越す必要がありました。
転居先がなかなか見つからず、マンションの更新を間近に控えたところで転居先が見つかったので、今度は引っ越し業者を安価で見つけなくてはいけなくなり、一斉見積もりをして、一番安い業者にお願いをしました。
お願いしたのは、アリさんです。

 

見積もり金額は4万円で、他社は15万以上でしたので、もの凄く安い見積もりで驚きました。
加えて家族で住んでいた家からの引っ越しとなり、二段ベッドや学習机が二つあり、粗大ごみも多くあったので、粗大ごみの回収もお願いしましたが、プラス1万5千円で請け負ってくれたので、粗大ごみ回収業者にお願いするよりも安く済みました。

 

参考:粗大ごみ110番

 

良かった点としては、一番安く済ませてくれたことと、急な予定にも関わらず、対応が迅速で予定通り引っ越しを完了させることが出来たことです。

 

悪かった点としては、あまりに安い為か、作業員を減らしたせいで、思いのほか運び出すまでに時間が掛かってしまい、4時間程で終わる予定が8時間近く掛かってしまったことです。
急いで運び出したこともあり、養生テープが貼られたまま帰ってしまい、自分で最終チェックをして全て剥がさなくてはいけなくなってしまいました。

 

天井付近に養生テープが貼られていたので、私の身長では外すことができず、引っ越しが完了していたので土台になるものがなく、剥がすのに手間取ってしまったので、最後まで片付けは行って欲しかった点です。